5時

毎朝5時に起きる。




ある中学生と約束をさせた。




頑張って5時に起きろ。





そして、そこから練習を始めろと。



それがお前の成長になると。



彼は起きたら毎朝電話をくれる。




そして、もう一度朝のトレーニングが終わったら連絡をくれる。




それから学校へ行くと言う日を続けている。




時には寝坊したり、二度寝したり。



やらかす事もある。



でも、彼は毎朝電話をくれる。




私が前日ヘベレケになるほど酔っ払っていてもf^_^;




必ず電話をくれる。




どれだけ子供たちと向き合えるか。




どれだけ同じ目線で付き合えるのか。




その姿勢が無くなれば、彼らの信頼は得られない。





よしんば彼らの信頼を得たとしても、それがお金につながるわけでも無い。



自分は大学を卒業して以来。




まともに就職と言うものをした事が無い。




何か大志を抱いていたわけでも無い。




ただただズボラなだけf^_^;



4回生の時。




大学の同級生に。




お前は就職もせんと何するんや?




と言われた。




まともな答えを用意した記憶は無いが。



俺は好きな事をして生きて行く、とでも答えたのだろう。



どうやって生活するねん?



とも訊かれた。



どう答えたかも忘れた。



でも、それでも好きな事だけをやって生きて行く、と言うような事を答えたような気がする。





もちろん、何の確信も無いが。




でも子供たちと向き合う時、向き合えたと感じる時。




自分は間違い無く成長していると感じる。




なぜならば、5時に彼からの電話が鳴った瞬間に、何とも言えない喜びを感じるから。




もちろんお金にはならない。




でも、彼や子供たちや、携わる若者たちは自分に教えてくれている。




お金で買えない喜びや満足感、そして充実感がある事を。




そして、自分がそれを手に入れていることを。




大学を卒業する時、偉そうに言った同級生への言葉を現実の物にしてくれていることを。




自分が昔思った事。




こんなおっちゃんが、俺が子供の頃に居ってくれたら良かったのに。




そんなおっちゃんに自分がなりたい。



子供たちのために、そうなりたい。




そんな目標に少しずつでも近付きたい。



まだまだ。




まだまだ、まだまだな自分ではあるが、これからもその思いだけは忘れずに頑張りたい。




さぁ、今日も5時に起きるぞ!(笑)




起きなければ(笑)


















関連する記事
コメント
コメントする








   

profile

Eisaku Nishimura

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

ブログパーツUL5