収穫

裕介が完投勝利をし、循が勝利を上げ2連勝。


彼らの大学は優勝争いにリードした。


裕介は中学時代から指導させてもらい、縁のある高校へ進学し、甲子園のマウンドにも立った。



循は高校時代に私達の運営する施設に練習をしに来るようになり、アドバイスしていた。




そして、私の勧めで同じ大学に進学。




大谷とは高校時代に知り合った。




二年生の夏、甲子園で2勝した。




当時からセンス溢れる野球選手。




彼は一年早く2人より先に同じ大学に進んだ。




大谷と同じ年に翔も強豪校から同じ大学に進んだ。




中学生や高校生の頃から縁のある選手達が多くいる。



そんな大学。


絶対に優勝してもらいたい。




この土日。



エキスパートの中学生を引き連れ、その大学野球の試合を観戦に行った。





全員と言う訳には行かないが12人の子供達を。




600キロほどワゴン車2台でf^_^;




金曜日の夜出発して。




千葉県大学野球連盟の試合を。



子供達に感じて欲しい事が山ほどあるから連れて行った。



応援の意味も勿論あるが、勉強の意味の方が大きい。




昨年のポニーリーグの日本選手権で、エキスパートは優勝することができた。



その時の宿泊先は、その大学の選手の下宿先。




勿論一人の選手の家に全員泊まれる訳も無く、数人の選手の下宿先に分宿で。





学生達は選手のお世話を本当によくやってくれた。




中学生達を早く寝かせ付け、深夜まで子供達の洗濯物を毎日洗ってくれたり。





子供達を試合会場に連れて来てくれたり。



大学のグランドを練習会場に提供してくれ、練習の手伝いをしてくれたり。




本当にお世話になった。



その大学生達が春のリーグ戦で戦っている。




子供達に見せてあげたかった。




今回の土曜日も早朝から中学生の練習の為に、またまたグランドを提供してくれた監督にも感謝で。




土曜日の試合の後は、子供達12人はまたまた学生達の下宿先に分宿させてもらって。




リーグ戦中にもかかわらずである。




高校時代に甲子園の土を踏んだり、強豪校で経験を積んだり。




そして、今まさに公式戦に臨む学生達と寝食を共に出来る。




子供達にとってこんな貴重な経験は無い。




二連勝して優勝争いを有利にしてくれた事も嬉しい。




子供達がこの経験で学んだ事を活かしてくれたら、もっと嬉しい。





自分の役割を果たせ。




いつも子供達に言っている。




でも、大人も同じである。



自分に出来る事、役割を果たす事。



絶対にやらなければ。




エキスパートには、いや自分にも。




自慢じゃないけどお金は無いf^_^;




手作り感満載のチームである(笑)




立派なグランドや高価な設備がある訳では無い。




でも、そこに集ってくれている子供達がいる。




このチームを選んでくれた子供達がいる。



彼らに何をしてあげれるのか。



それを考えなければ、無責任。




未来に夢を持ち、将来を身近に感じる。




今回の遠征が。




こんな遠征の仕方が。




少しでも彼らの成長の糧になれば。




それこそ、自分にしか出来ない、このチームにしか出来ない事になるのでは無いか。




自分に出来る事は何か。



自分にしか出来ない事は何か。




自身の役割を果たすべく、これからも考え、行動、実現して行きたい。




自分は野球があって生活出来ている。



野球への感謝は尽きない。


仕事を下さる企業の方や、ご協賛頂いている方々には本当にお世話になっている。



言葉では言い尽くせ無い。




感謝以外の言葉が見当たらない。



そして、野球をもっと好きにさせてくれている子供達や、若者達にも本当に感謝。



ありがとうございますm(_ _)m




余談ですが…




金曜日の夜出発して、思いの他早く東京に着いてしまい。




まさか、夜中に子供達を練習させる訳にも行かないので。




どこかに泊めてあげなければならない状況に。



でも、学生達は翌日から大事な試合。




夜中に叩き起こす訳にも行かない。



さりとて、ホテルに泊めるほどの経済的余裕も無い(笑)




しょうがない。




困った時の晋太郎。




東京ではしょっちゅう晋太郎のマンションに泊めてもらう。




広いし、綺麗し、独りもん。




条件は揃っているので。




何よりも金、土の2泊すると伝えてある。




1人で行くとは言って無い(笑)



まぁ、1人で来ると思っていただろうが。




途中、連絡を入れた。



寝るスペース確保の要請の。




でも、4、5人で来るのか?




位の予想だったと思う。




深夜に着いた。




宅配BOXに鍵を入れ、暗所番号を私にメールし、寝ていた晋太郎。




綺麗なマンションのエントランスでは、靴を脱ぎ出す子供もf^_^;




オートロックを2回通過することに感動する子供もf^_^;




そんな子供達12人と大人3人がそぉっと部屋に入り、晋太郎を起こした。




当然のリアクション。



驚きは隠せない様子だったが(笑)



すぐに気をとりなおし。



どうぞどうぞと雑魚寝の用意。




ありったけの寝具を用意してくれ、総勢15名を泊めてくれた。




早朝に起き大学のグランドに向かい練習。




そして試合観戦へと。




晋太郎は自分の師匠でもある。




そんな晋太郎が自分の師匠である事も幸せな事。




総勢15名を晋太郎のマンションにいきなり泊める。




それもまた、自分にしか出来ない事?(笑)




大人にも子供達にも収穫大きな、遠征でした。










挑戦

先日、哲也と食事した。



彼とはちょくちょく食事をする。



焼き鳥の頻度が高いf^_^;




この前も焼き鳥で。



高校時代の話、大学時代の話。




そして、今現在の話。




いつも同じような馬鹿話や、思い出話だが(笑)




楽しい時間を過ごさせてもらう。





その彼が先日30歳の誕生日を迎えた。




哲也と知り合ったのは、彼が15歳の時。




高校、大学、そしてプロに入って。



長い付き合いになった。




ご両親の身体も小さく、哲也も大きく無い。



ガッツもあったし、リーダーシップもあった。



技術も高い。




しかし、プロ野球選手になれるとは到底思えなかった。




だが彼はプロ野球選手になり、体の大きな選手達の中で自分の役割を果たし、チームに欠かせない選手になった。




ものすごく努力をし、頑張り通したからだろう。




それともう一つ。




彼は自分を信じていた。



絶対にプロ野球選手になれると信じていた。




その意志の強さがあった。




その意志が彼を頑張らせたと思う。




尊敬する。



電車に乗せると違う方向に行ってしまうが(笑)




多くのアマチュア選手や、子供達と触れ合う事の出来る立場にいる。




自分は幸せだと思う。




先週もある一軍の打撃コーチと食事した。



また、色々と教えてもらった。




大学野球の試合会場のスタジアムで、ある球団のスカウトの方に試合観戦しながら色んな話を聞かせてもらった。



本当にありがたい。




付き合いのある多くの若者や、子供達に伝えてあげたい。



哲也の事、プロの選手やスタッフの方々から聞かせて頂いた事。




そして、自分が選手達と触れ合って来た経験も。




そう感じる次第で。




黒人初のメジャーリーガー。




ジャッキーロビンソンの名言。




『不可能の反対は「可能」では無い。「挑戦」だ。』




可能性の塊。



可能性は皆んなにある。




本気で挑戦して欲しいm(_ _)m


















一流に

失敗する事もある。




立場や地位、ポジションを奪われる事もある。




その時にこそ頑張って欲しい。




野球でも社会に出ても。



草むしりしとけ!




ゴミ拾いしとけ!



と言われる事もあるかも知れない。



社会に出ても。



掃除しとけ!



資料整理だけしとけ!



閑職に心痛める事もあるかもしれない。



でも、その時こそである。



その時に自分がどうするかで、真価が問われるのだと思う。



今居る場所で。



今与えられた役割で。




よーし、一生懸命ゴミを拾って綺麗にしてやる。



よーし、ピカピカに掃除して皆んなを驚かしたる。



そう思えるかどうか。



不貞腐れても何も良い事は無い。




余計に信頼を失う。



一流のゴミ拾いになり、一流の掃除当番にならなければ。



与えられた役割を全うし、その場所で一流になろうと努力する人間にしか、次のステージに挑戦する権利は与えられない。



本当にそう思う。



誰もが試合に出たいし、活躍したい。



当たり前。




でも、そう簡単では無い。



その時の振舞いが問われるのだと思う。



子供達には。




野球を通じて、その事も学んで欲しい。




社会で役立つ人間に。




せっかく日々鍛錬し、自身の成長に挑んでいるのだから。




今ここで一流に。



絶対に、絶対に。



さあ、今日も頑張りましょう!


iPhoneから送信

九州へ

おめでとう。



3年生4人で臨んだ昨年の日本選手権。



唯一公立高校進学を希望していた選手から、合格の報告があった。



嬉しいニュース。



よく頑張りました。




これで全員の進学が決まった。



それぞれの高校で精一杯野球して下さいm(_ _)m



今年最初の遠征になる、九州大会。




出発まであと1週間。




しっかり準備。



心身共にしっかり準備。




おめでとう!




と、今度はこちらが言ってもらえるように。




焼酎、飲んでみました。



個人的に寄付させていただきまして。



ちゃんとf^_^;




美味しいです!



勝って飲んだらもっと美味しいはず。




御協力いただいた皆様には本当に感謝です。



皆様にも美味しくいただいてもらえるように頑張ります!




日々感謝

今日から2人は茨城県に。




エキスパート、初の卒団生のうちの2人が茨城県へ。



つくば秀英高校に。



遠く茨城県まで行って野球をする。




必ずや夢を現実にして欲しい。




苦しい事ばかりかもしれない。





けれど、野球が出来る事に何よりも感謝して。




頑張り続けて欲しい。




完全に中年のおっさんの私だが。




今流行りのLINEで彼らに壮行のメッセージを送った(笑)



3年後、大きく成長した彼らに会えるのが今から楽しみ。




こうやって彼らと共に野球が出来るのも、日頃温かく応援して下さっている皆様のおかげ。



後協賛や寄付を賜りながら運営している。




本当に感謝しか無い。






目の前にいるご両親はもとより、会った事すらない多くの方々が応援してくれている。



そのおかげで野球が出来る。




子供達も、そして携わる私達大人も、その事を肝に銘じて日々取り組まなければ。

















profile

Eisaku Nishimura

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

ブログパーツUL5